急な引越し 急いで引っ越す 費用 安く

急な引越し~急いで引っ越す場合に費用を安く済ませる方法~ > ◆急いで引っ越す為に今日やる手続き

→→>>>『急な引越し対応可能な業者の探し方』はコチラ←←

急な引越しが決まったらすぐにする手続き

急いで引っ越す場合は引越し当日まで時間がありません。時間がない中でも最低限やっておかなければならないことを解説します。この中ですぐにできる作業は見積もりの返信メールを待っている時間に行ってもよいでしょう。

●現在住んでいる部屋(駐車場)の退去の連絡をする
引越しが決まっているのですからすでに連絡していることとは思いますが、まだの方はすぐに管理人さんに連絡しましょう。部屋の契約の場合は1ヶ月前までに退去の連絡をしないと1ヶ月分の家賃を請求されることが通常ですが、大家さんによっては事情を伝えれば免除してくれる場合もありますので、まずはすぐに連絡することが大切です。
駐車場を借りている場合は契約が別の会社になっているなら同様に連絡しましょう。


●電気ガス水道の停止の連絡

電気ガス水道、各会社へ停止の連絡も同時に行います。引越し予定日を告げて止めてもらいましょう。


●電話回線、インターネット回線の解約手続き

今住んでいる部屋に固定電話を引いている方は電話回線の停止の連絡を入れます。
同様に、インターネット回線の契約をしている方も急な引越しによる停止の手続きを取っておきましょう。ただインターネット回線の停止の手続きはインターネット会社に電話が通じにくかったりするので、優先して行う用意したほうがいいでしょう。引越し先でもインターネット回線を利用する場合は、新規で解説すると大幅な割引料金で開設可能なプランがありますのでこれに関しては、別の項目で解説します。

●役所での手続き

現住所での役所に行って転出届を出しましょう。転出届に関しては、本当に急な引越しの場合は引っ越した後に回してしまってもよいので、優先順位としては上の項目よりは緊急性はありません。引っ越し後14日以内に手続きをすれば良いと定められています。
ただ引越し先が遠い場合は、引っ越した後に現住所の役所に戻ってきて手続きをしなければならないので、それが困難な場合は引越し前に済ませておきましょう。

印鑑登録の廃棄などの手続きもありますが、急いで引っ越す際には最低限「転出届」だけ出しておけば問題ありません。

 
« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »

イチ押し見積り業者

引越し最安値の比較なら

引越し一括見積もり[無料]

*****荷物の一時保管なら*****

nimotu.jpg「引越時の荷物一時保管サービス」

**************

管理人

管理人S


引越しアドバイザー佐々木

詳しいプロフィール

  

引越しカテゴリ

■リンク集

 
パソコンやPDAの機能